fc2ブログ
絵本フィエスタin東海へようこそ♪ 東海地区で洋書絵本の会を2ヶ月に一度開催しています。このサイトでは参加募集や活動報告をしています。絵本に興味がある方は一緒に絵本を囲みませんか?
2009年01月09日 (金) | 編集 |
Harvey Slumfenburger's Christmas PresentHarvey Slumfenburger's Christmas Present
(2007/09/11)
John Burmingham

商品詳細を見る

クリスマスの前の夜、子供たちにプレゼントを配り終えて、疲れて帰ってきたサンタさん。トナカイは、道でヘンなもの食ったみたいで体調が悪いと言う。熱もある。
「よくお休み。さあ、私も休もう…」
と思ったそのとき見つけた、配り損ねたプレゼントが一つ。そのHarvery Slumfenburgerは、貧しいおうちの男の子。これが唯一のクリスマス・プレゼント。とんでもなく遠い、山の上に住んでいるけれど、コレは絶対に届けなければ…。
トナカイ達は寝込んじゃったし、パジャマの上に赤い上着を羽織って、サンタさんは、ローリーポーリー山のHarvey Slumfenburgerのおうちを目指します。
クリスマスに学んで欲しいのは、シェアリングの気持ち。

クリスマスになれば、ただサンタさんからDSやソフトがもらえる、
そんなのじゃなくって、
「愛を与える」
ということを、子供たちに学んで欲しいと思います。

優しいサンタさんが、大変な思いをして届けた、Harvey Slumfenburgerへのクリスマスプレゼント。
一体何が入っていたのでしょう?
どれほどの愛が込められていたのでしょう?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック